脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年07月29日

高井戸節成胡瓜→夏娘→続く雑談

【高井戸節成胡瓜】

馬込半白胡瓜と練馬の枝成胡瓜の交配から作られ、両方のいいとこどりをしたキュウリです。

東京都杉並区の伝統野菜であり、江戸東京野菜のひとつとされます。

しかし、消費者ニーズの変化や、ハウスなどの施設栽培の普及、さらには都市化などにより生産されなくなりました。






【夏娘】

夏娘(カレイニャ)とは、北海道生まれのイチゴです。

「みよし」と「サマーベリー」の交配種なんだそうです。

糖度は高くて、酸度もやや低いんだそうです。

でも表皮の色が斑で光沢が少ないのが弱点のようです。

見た目は大事ですからね。

あと実がやわらかいこともおしい特徴です。






【札幌大球】

「さっぽろだいきゅう」と読みます。

戦前から、札幌周辺でつくられる巨大なキャベツです。

伝統野菜としても認識されているようです。

通常のキャベツが1キロ程度なのに対して、10キロ以上、最大級では20キロもあるそうです。

生でも茹でても漬け物でもおいしいそうです。




続きを読む
ラベル:キュウリ
posted by あっちゃん at 04:13| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

相模半白胡瓜→エッチエス138→続く雑談

【相模半白胡瓜】

黒イボ系の半白きゅうりです。

神奈川県二宮町において、馬込半白きゅうりの系統から改良された品種です。

皮は硬めで馬込半白胡瓜よりも日持ちがよいという特徴があります。

そのため馬込半白から主流の座を奪ったようですが、現在はあまり生産されていません。

白イボ系、強いです。





【エッチエス138】

日持ち性・輸送性に優れる夏イチゴです。

北海三共株式会社において、育成されたようです。

実肉が硬く暑さに強いみたいです。

外観がよいところも特徴です。

食味は特別ではないようですが、見た目と日持ちが認められている感じでしょうか。

認められ方もいろいろ多様ですね。






【グリーンボール】

形が丸くて葉もやわらかいキャベツの一種です。

中身が詰まっていて、大きさの割に重さを感じるようです。

葉につやがあり、肉厚の割にやわらかいです。

涼しいところで栽培されますが、冬に旬のキャベツほど寒さには強くないようで、春や秋に収穫されるようです。




続きを読む
ラベル:きゅうり
posted by あっちゃん at 04:08| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

馬込半白胡瓜→不妊治療大国→続く雑談

【馬込半白胡瓜】

名前の通り半分白い、ツートンカラーのキュウリです。

見慣れない見た目から、知らない人が見たら、ダメになったきゅうりと勘違いしそうです。

東京都大田区の伝統野菜のひとつです。

青胡瓜に比べて柔らかく、ぬか漬けとして最適なんだそうですが、傷みやすく流通にはむかないようです。





【不妊治療大国】

日本は世界屈指の不妊治療大国なんだそうです。

赤ちゃんの約20人に1人が体外受精で生まれるという話を聞くと驚きます。

晩婚化、晩産化が進んでおり、年齢を超えた出産というものも、考えられるようになっているみたいです。

デザイナーベビーという言葉、なんだかドキッとしますね。





【キャベツ】

ビタミンC、ビタミンUを豊富に含むとされ、食卓でもおなじみの野菜です。

千切りにして生で食べることも多いですし、漬物にもよく使われます。

またロールキャベツなど煮物系でも活躍します。

キャベツに含まれる酵素成分を抽出した栄養ドリンクやダイエット食品などもあるんだとか。



続きを読む
ラベル:きゅうり
posted by あっちゃん at 04:02| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

勘次郎胡瓜→サマープリンセス→続く雑談

【勘次郎胡瓜】

きゅうりかどうか迷いそうな姿です。

色が薄く、黒イボ系とされていますが、一般の黒イボ系の特徴ではないです。

山形県真室川町の真室川の伝承野菜のひとつになっています。

果肉が柔らかく、フルーツ感覚で食べられるみたい。

生で食べるか、浅漬けなどにもいいみたいです。





【サマープリンセス】

長野県で作られ、登録されたイチゴの品種です。

夏にもとれる四季成のイチゴです。

酸味があり、ショートケーキなどにも使われるそうです。

果肉は白く、香りもそれほど強くはないです。

ちなみに「麗紅」と「夏芳」の選抜系統に「女峰」を掛け合わせたそうです。





【キャッツクロー】

葉の付け根にできるトゲの形が特徴であり、「猫の爪」の由来になっているんだとか。

アマゾン原産の蔓性植物です。

インカ時代から、関節炎やリウマチの治療に使われてきた薬草とされています。

サプリメントとしても注目されました。

日本のカギカズラがに近縁種なんだとか。



続きを読む
ラベル:きゅうり
posted by あっちゃん at 03:59| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

四川胡瓜→紅ほっぺ→続く雑談

【四川胡瓜】

漬物には評判のいいんだそうです。

こだわりの漬物屋さんでは、このきゅうりじゃないとダメというところもあるんだとか。

皮が薄くイボが多いので、流通には向かないようです。

そのため、スーパーなどで目にすることは少ないのかも。

家庭菜園で自分で育てれば新鮮に食べられますし、いいのかも。





【紅ほっぺ】

静岡県生まれのイチゴの品種です。

果皮も果肉も、美しい紅色であることを示した名前となっています。

サイズが大きく、甘味が強く酸味もあるのが特徴とのことです。

「章姫」と「さちのか」を交配してつくられたイチゴです。

静岡県を中心に栽培されているようです。





【キトサン】

カニ殻などから得られる不溶性の植物繊維であるキチンを加工して作られるそうです。

特定保健用食品も許可されているようなので、ときどき目にすることもあると思います。

化粧品に次も使われているんだとか。

さらには再生医療での応用も期待されているみたいです。



続きを読む
ラベル:キュウリ
posted by あっちゃん at 04:13| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

四葉胡瓜→あまおう→続く雑談

【四葉胡瓜】

漬物に向いているといわれる大きい白イボ系のキュウリです。

皮が薄く歯切れがよいという特徴がありますが、日持ちしにくいため市場にはあまりでないみたいです。

形も比較的不揃いです。

中国華北系の品種で、実がなるタイミングが本葉が四枚付いた頃からというのが名前の由来のようです。






【あまおう】

もともとは福岡S6号という名前もあったようです。

「あ」かい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まいの頭文字を並べてできた名前です。

福岡県では、「とよのか」に代り、この「あまおう」が浸透しているようです。

果肉はかためのようですが、ジューシーで甘いイチゴです。





【キチン】

不溶性の食物繊維として知られています。

かにや、えびなどの甲殻類の外殻にあるムコ多糖類といわれます。

話題になったのですが、実はその効果の信頼性はよく分からないみたいです。

でも日本キチン・キトサン学会というのもあるみたいですし、なんだか期待してしまうのでした。





続きを読む
ラベル:キュウリ
posted by あっちゃん at 04:05| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする