脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年05月15日

鷹の爪→あかねっ娘→続く雑談

【鷹の爪】

粉末にした「鷹の爪」は一味唐辛子と呼ばており、日本ではおなじみのトウガラシです。

熟すと鮮やかな赤色になり、実は小さく、形から鷹の爪という名前がついたようです。

香辛料としても使われますが、米びつの防虫などにも使われます。

実は丸ごととか、輪切りにして使われることが多いです。





【あかねっ娘】

アイベリー、宝交早生、とよのかから生まれたイチゴです。

愛知県で生まれました。

ところが、徳島県で栽培方法を工夫して大粒にそだて「ももいちご」というブランドで出荷したことで、「ももいちご」のほうが知名度が逆転するほどにもなったみたい。

ちなみに出願時の名称は「愛知 2号」だったそうです。





【エキナセア】

北アメリカ原産の多年草です。

ムラサキバレンギクともいわれます。

欧米ではハーブティとして飲まれるようです。

風邪などにいいという話もあるようです。

ちなみに北アメリカの先住民である平原インディアンは薬草として利用していたそうです。

でも薬効については肯定と否定の両方の情報があるみたい。



続きを読む
ラベル:辛子
posted by あっちゃん at 04:32| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

タマリロ→アスカウェイブ→続く雑談

【タマリロ】

生食できてサラダにも使われますが、煮込み料理にも使われます。

日本ではあまり見ることがない果実です。

トマトに近い、ナス科の植物です。

樹高が6メートルになるそうで、木立ちトマトという別名もあるんだとか。

そもそも南米のアンデス山脈周辺に分布するものの、ニュージーランドやオーストラリアでも栽培されているみたい。





【アスカウェイブ】

奈良県農業試験場が生み出したイチゴです。

1994年に登場しました。

「久留米促成 3号」「宝交早生」「ダナー」「神戸1号」交配により生まれました。

赤みが強い見た目で、甘みと酸味のバランスが特徴でした。

2000年のアスカルビーの登場まで奈良県では主力品種でした。






【ウコン】

日本ではカレー粉に使われたりもするみたいです。

英語名はターメリックで、こっちでピンとくる人もいるかも。

でもどちらかというと二日酔い対策としてよく耳にする単語ですね。

植物的にはショウガ科ウコン属なんだとか。

確かにショウガっぽい感じもするのでした。



続きを読む
ラベル:料理
posted by あっちゃん at 04:11| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

パープルロシアン→ARでダイエット→続く雑談

【パープルロシアン】

黒トマトと呼ばれるタイプのトマトです。

黒とは表現されますが、実際は暗い赤茶色といった感じです。

ヘタの辺り緑がのこり、そのあたりの色の混ざりぐあいでパープルという名前がついたのかな。

縦長の手のひらサイズのトマトです。

生でもいけるみたいですが、見た目は普通のトマトのほうがよさそうです。





【ARでダイエット】

仮想現実(VR)と拡張現実(AR)で、ダイエットにつなげる研究があるんだとか。

視覚と嗅覚によって、味覚を変えるという取り組みです。

味覚を操作することで、食べたつもりになることができるならおもしろいですね。

生活習慣病にかかる治療費を予防によって回避できるなら経済的な意味もありそうです。






【イチョウ葉】

イチョウといえば銀杏を思い出す人も多いと思います。

葉については、ドイツではイチョウ葉エキスが医薬品として認定されているみたいですが、日本では状況が違うようです。

銀杏やイチョウの葉にはギンコール酸が含まれるので、安易にとるのはトラブルの原因になるみたいです。




続きを読む
ラベル:トマト
posted by あっちゃん at 04:12| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

フィオレンティーノ →無料のHIV検査→続く雑談

【フィオレンティーノ 】

独特な形をした大玉トマトで、イタリアントマト・コストルート・フィオレンティーノという長い名前です。

その名のとおり、イタリアのトマトです。

表面が縦割れででこぼこしてます。

でも色合いが熟すと赤くトマトっぽいです。

薄くスライスしてサラダのトッピングに使うといいみたい。






【無料のHIV検査】

HIVの検査って、保健所で無料で受けられることは知っているでしょうか。

意外と知られていないかもしれないです。

平日しか受けられなかったり利用しにくいのが課題なんだとか。

2018年には厚労省がモデル事業として検診でも無料でHIV検査を実現。

HIV検査の利用を増やそうとする試みです。





【アロエ】

ツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称なんだとか。

500種以上があるそうです。

日本でおなじみなのはキダチアロエで、昔から「医者いらず」と重宝されてきました。

葉が肉厚なのが特徴の一つですね。

薬用としての栽培は、なんと古代オリエント・古代ギリシア・古代ローマにもさかのぼることができるみたいです。



続きを読む
ラベル:トマト
posted by あっちゃん at 04:09| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

スペックルドロマン→γ-GDP→続く雑談

【スペックルドロマン】

太った唐辛子のような、縦長のトマトです。

表皮の色は、赤・オレンジ・黄色がまだらに存在し、知らなければとてもトマトとは思えないでしょう。

でもへたがしっかりトマトですし、輪切りにするとトマトっぽいなかみなのでした。

皮がややかためのようなので、加熱したほうがいいようです。





【γ-GDP】

健康診断でこの数値を気にしている人は多いかもしれません。

アルコールの飲みすぎが出てくる数値です。

でも行き過ぎると脂肪肝や肝硬変になるため、200を越えたら病院に行くべきなんだとか。

肝臓についてはGOTやGPTも併せてチェックするといいみたい。

数値の意味が分かると興味も高まります。





【プロポリス】

蜂ヤニとも呼ばれる樹脂製混合物です。

ミツバチが木の芽や樹液などの植物から集めたものです。

ミツバチは巣のすきまを埋めたり、構造の補強としたりしています。

植物由来のため、その由来にした植物におうじて見た目も様々です。

ちなみに人間にとっては「グリーン・プロポリス」が最上級品とされています。




続きを読む
ラベル:トマト
posted by あっちゃん at 04:12| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

イタリアンレッドペアー→ME-BYO→続く雑談

【イタリアンレッドペアー】

大玉の赤いトマトです。

表面がつるんとしていないで、縦に溝が走り、ぼこぼこしています。

洋ナシのような形に熟すものもあり、それで名前に「ペアー」がついたのでしょう。

北イタリアでは昔からトマトの品種なんだそうです。

目新しさばっちりの大きなトマトです。





【ME-BYO】

神奈川県が平成26年から商標登録して、活動しています。

「未病」を意味する言葉です。

健康長寿社会を目指し、日常的に未病を意識し、健康行動を促す活動を行っているようです。

長生きするにしても、健康じゃないと幸せとは言えないですからね。

賛同されやすいコンセプトだと思います。






【プエラリアミリフィカ】

更年期障害とか、美肌とかに期待されているんだとか。

サプリメントなどで時々目にするプエラリアです。

もともとはタイ北部やミャンマーの山岳地帯などに自生する植物だそうです。

女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが注目されました。



続きを読む
ラベル:トマト
posted by あっちゃん at 04:12| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする