脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年01月16日

アイコ→ラッカセイ→続く雑談

【アイコ】

形の特徴は長い楕円けいでお尻がとがっているということ。

基本的にミニトマトとされていますが、ミディトマトくらいまで大きくなるものもあるようです。

生で食べたりサラダに使われたりする一方で、加熱してもおいしいとされています。

果肉が厚く、日持ちもいいのが特徴です。





【ラッカセイ】

殻付きの落花生としても有名ですし、ピーナッツとしても知られます。

すごく人気があり、バターピーナッツや柿の種とのミックスでスナックの定番となっています。

節分の豆まきのさいに、落花生を用いる地域も少なくないです。

殻付きだと回収して食べやすいですからね。





【ニンニク】

香味野菜の代名詞的存在です。

また元気が出る食材としても昔からよく知られています。

でも食べた後の口臭が気になることから時を選ぶ必要もあるのでした。

国内産では青森県が多く、田子町はブランド化されていて人気です。

世界的にみると中国の生産量が圧倒的に多く、8割を占めるそうです。



続きを読む
ラベル:アイコ
posted by あっちゃん at 05:07| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

ルネッサンストマト→ナタマメ→続く雑談

【ルネッサンストマト】

なんだかすごく革新的な感じの名前ですね。

お尻がピンととがり、150g前後の小ぶりなトマトです。

水分調整をして糖度を高める栽培方法によるフルーツトマトとしても知られます。

その一方で、自然栽培のルネッサンストマトもあり、高糖度は栽培方法によるみたいです。





【ナタマメ】

以前から漢方薬として知られています。

健康食品、健康茶としても出回っているようです。

アジアかアフリカの熱帯原産といわれます。

日本国内でも栽培されるが、ラテンアメリカ、中華人民共和国からの輸入が多いそうです。

食用としては、若いさやを食べるそうです。






【ニコチン酸】

ニコチン酸アミドとともにナイアシンとも呼ばれます。

ナイアシンと聞いたほうが分かる人が多いかもしれません。

ニコチンというと、たばこのほうをイメージして、なんだか健康とは関係なさそうに感じでしまうのは勘違いです。

人間に欠かせないビタミンの一つなのでした。


続きを読む
posted by あっちゃん at 05:08| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

アメーラ→ダイズ→続く雑談

【アメーラ】

高糖度トマトの一つで、静岡県で生まれたトマトです。

そのため、名前は静岡弁にちなんでいます。

「甘いでしょう」にあたる「甘えらー」が由来です。

カタカナになるとなんだか違うものみたく感じますね。

このトマトは甘さだけじゃなく、栄養価も濃いのが自慢のようです。






【ダイズ】

日本人にはもっともなじんだマメです。

醤油も味噌も大豆が原料ですし、納豆や豆腐もそうですね。

とにかく昔から日本の食生活に浸透しています。

しかもその栄養価がほかに類をみないということで、畑の肉などとも呼ばれます。

若いうちに収穫して塩ゆでした枝豆もうまいですね。






【アリシン】

ニンニクの個性を担っている成分なのかもしれません。

なぜなら生ニンニクを煮たり炒めたりしたときの臭いの元となる化合物とのことですから。

強い抗菌・抗カビ作用などでも注目されています。

ニンニクって昔から強烈な臭いと、健康にいい食品というイメージがあります。


続きを読む
ラベル:アメーラ
posted by あっちゃん at 05:08| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

ソプラノトマト→ソラマメ→続く雑談

【ソプラノトマト】

大玉トマトの品種の一つです。

高糖度栽培に適した品種と言われています。

実が硬く、日持ちもするので、完熟してからの収穫にも対応してます。

高糖度栽培でも収量が見込めるとのことで、生産者視点でも見逃せない品種かもしれないです。

見た目の特徴としては果頂部に放射状の筋が現れやすんだそうです。






【ソラマメ】

塩ゆでするか、さやごと焼いて、中のマメをそのまま食べます。

揚げて塩をふったものはいかり豆と呼ばれます。

古くから世界各地で栽培され、食用にされている植物です。

中華人民共和国河北省張家口で栽培されているのは最高級品だそうです。

どれだけおいしいんでしょうね。





【アラビノキシラン】

コメ・ムギ・トウモロコシなどのイネ科植物や針葉樹に含まれるそうです。

ヘミセルロースの一つで、免疫力に関係したレポートが注目され知られるようになったようです。

とはいえ白米には含まれていないそうで、米ぬかから抽出されたりするようです。

クマザサ由来のアラビノキシランなどもあるそうです。


続きを読む
posted by あっちゃん at 05:10| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

ミディトマト→シカクマメ→続く雑談

【ミディトマト】

ミニトマトほど小さくなく、大玉といわれる桃太郎などほど大きくないトマトです。

中玉トマトなどとも呼ばれ、栄養価も高いと言われています。

見た目も色合いが濃くて、見るからにリコピンが多そうです。

カットしなくても食べられるサイズで、何かと重宝しそうです。






【シカクマメ】

日本では多少広まったようですが、あまり知られていないかもしれないです。

沖縄では、「うりずん豆」「シカクマーミ」などと呼ばれるそうです。

炒め物や揚げ物にして食べるそうです。

ビルマやインド、インドネシア、パプアニューギニアなどで栽培されているようです。





【アセロラ】

サクランボに似た果実で、赤色の鮮やかなアセロラは、植物的にはサクランボとは離れた種類だそうです。

清涼飲料水、ジャム、ゼリーなどで目にしますが、直接果実を見ることは少ないと思います。

というのも熟した果実は傷みやすいためあまり市販されていなんだとか。



続きを読む
ラベル:ミディトマト
posted by あっちゃん at 05:08| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

カゴメこくみトマトラウンド→ササゲ→続く雑談

【カゴメこくみトマトラウンド】

ラウンドという名前の通り、形の丸いトマトです。

大きさは中玉で、ヘタがほそくピーンとしていて、見た目もきれいです。

カゴメのオリジナル品種ですが、カゴメって加工食品だけじゃなく農業にも力を入れているようです。

サラダにもスープにも炒めものにも合うそうです。





【ササゲ】

ササゲも日本でもおなじみの食材ですが、アフリカ原産なんだそうです。

ササゲの子実は、カメムシ類によって食害されるんだとか。

でも、蜜がアリを呼び、その中で大型のクロヤマアリが近くにいるカメムシを追い払うんだとか。

ササゲにとってアリは味方のようです。

しらないと間違いそうですね。





【アガリクス】

一時期ブームを起こしたキノコ由来のサプリメントです。

ガンとの関係で効果がもてはやされた時期もありましたが、ブームを過ぎるとあまり名前を聞くことも無くなりました。

ハラタケ属キノコ全体の総称なんだとか。

ニセモリノカサ、カワリハラタケ、ヒメマツタケなどという呼び名もあります。




続きを読む
posted by あっちゃん at 05:04| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする