脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年04月10日

グリーンゼブラトマト→人工臓器→続く雑談

【グリーンゼブラトマト】

トマトは赤いものというイメージとはずいぶん違う外観のトマトです。

完熟しても緑色なのですからね。

ただの緑ではなく、緑地に黄色の縞が入ります。

一見汚れているのかな、と感じるかもしれませんが、そうではないです。

見た目の珍しさからアクセントのある盛り付けができそうです。





【人工臓器】

臓器移植は臓器の提供者が必要ですが、人工臓器ならその必要がないです。

病気やケガなどで失われた臓器を補う方法のひとつです。

医学と工学の融合でできた分野でもありますね。

人工臓器の進化が、医療の進歩をすすめていく推進力にもなるのでした。

将来楽しみな分野ですね。





【ブラックコホシュ】

古くからのハーブの一種です。

北アメリカを原産地とする植物です。

サプリメントによく使われているようです。

月経前症候群や更年期障害など女性に見られる症状にいいみたいです。

ネイティブアメリカンの間でも古くから使われていたんだとか。

ということは歴史もあるみたいですね。


続きを読む
posted by あっちゃん at 04:12| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

桃太郎ゴールド→給食とアレルギー→続く雑談

【桃太郎ゴールド】

有名なトマトである桃太郎トマト、そのオレンジ色バージョンです。

大きさも形も桃太郎トマトと同じで、色だけがオレンジ色。

外だけじゃなく中までオレンジ色です。

体内に吸収されやすいといわれるシス型リコピンが豊富とのことです。

リコピンというと赤というイメージではないみたい。






【給食とアレルギー】

給食の献立にあるアレルギー食物を自動検出する仕組みが役立っているみたい。

この仕組みの前は保護者がチェックしていたので、保護者に負担がありました。

しかもミスも起こったりしていました。

アレルギーは命にかかわる事故につながることもあるので、失敗できないのでした。






【フコイダン】

褐藻類の特に「ぬめり」部分に含まれる細胞間粘質多糖のことです。

免疫によいとか、がんによいとか、言われた時もあったようですが、有効性・安全性の確たるものはないようです。

研究はあちこちで進められているようなので、いずれ証明されるのでしょうか。

健康食品として注目された時もありました。




続きを読む
posted by あっちゃん at 04:10| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする