脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年10月28日

サニーショコラ→青森県のメロン→続く雑談

【サニーショコラ】

名前がトウモロコシっぽくないですね。

でも生食も可能な糖度の高いスイートコーン。

栽培が難しいようなので、それほどたくさんはないようですが、一度は食べてみたいトウモロコシの一つでしょう。

粒皮も薄いため「フルーツコーン」ともよばれるそうです。

期待を裏切らないそうですよ。






【青森県のメロン】

つがる市のタカミメロンや、七里長浜の、つがりあんメロンがあります。

七里長浜は津軽半島の西側の海岸で、十三湖から南のことです。

つがりあんメロンは、地域ブランドですが、アムさん、ホームビレンスなどの5品種と、協議会推奨品種3品で構成されるのでした。






【ロボで手術】

特殊なカメラとアームを用いて、医師が遠隔操作で手術する方法があるそうです。

前立腺がんで用いられているんだとか。

操作性に慣れると、人の手より精密な動きもできるみたいです。

またキズが小さく、出血を少なくする効果もあるみたい。

手術にもロボが入ってきているんですね。






【手術ロボ】

ロボットを使った手術にはいろいろメリットもあるようです。

ひとつは、遠隔手術によって医者がいなかった場所でも手術ができるようになること。

もうひとつは人間の手では入らないような場所にも対応できるようになっていくことなどで、患者への負担軽減が期待できることなどです。






【がいよう】

ヨモギの葉が、艾葉(がいよう)という生薬で、止血作用があります。

ちなみに、もぐさ(艾)は、葉を乾燥させ、裏側の綿毛を採取したものだそうで、お灸につかいます。

ヨモギの他にヤマヨモギも大丈夫なんだそうです。

ヨモギって身近だけど、すごく役立っているんですね。


ラベル:トウモロコシ
posted by あっちゃん at 07:57| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする