脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年10月05日

オクラ→夕張メロン→続く雑談

【オクラ】

原産地はアフリカ北東部なんだそうです。

日本に入ってきたのは明治初期といいますから、比較的新しい野菜ですね。

粘り気が特徴で、食感の良さが好まれます。

栄養面でもこの粘り気の部分が重要みたいです。

ちなみにもともとは多年草のようですが、寒さに弱く日本では越冬できず一年草になってしまいます。





【夕張メロン】

北海道夕張市を生産地とするメロンです。

夕張メロンは商標で、品種名は「夕張キングメロン」なんだそうです。

赤肉のネットメロン(マスクメロン)で高級メロンです。

全国的にも有名なメロンのひとつです。

日持ちに難点があったけども、宅配業者との連携で道外への出荷も可能になったんだとか。





【石垣島とユーグレナ】

飲めるミドリムシことユーグレナが健康食品として注目されています。

そのユーグレナ、屋外で大量培養できるようになったのが、世間に出てきた大きなきっかけかも。

世界初の屋外での大量培養成功したユーグレナ社は石垣島で育てているそうです。

小学校の時に習ったミドリムシが健康食品になるって不思議です。






【女峰】

「はるのか」「ダナー」「麗紅」を交配して生まれたイチゴなんだそうです。

名前の由来は日光市の女峰山です。

見た目も鮮やかでショートケーキを彩るのにもつかわれたみたい。

見た目だけではなく、糖度が高いのに酸味も適度にあり、甘酸っぱい味が特徴のイチゴです。





【カイカ】

エンジュの蕾を乾燥させたものは、槐花(かいか)と呼ばれる生薬です。

止血作用があるとされています。

ちなみに、エンジュに含まれるルチンはサプリメントとしても利用されているようです。

エンジュは、中国原産で、昔から日本でも植栽されているので、よく目にする木ですね。


ラベル:野菜
posted by あっちゃん at 03:58| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする