脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年09月07日

シロウリ→咲姫→続く雑談

【シロウリ】

主に漬物として食されるウリの仲間です。

皮の色が白っぽく熟すことからこの名前になっています。

全国的にみると徳島県の生産が圧倒的に多く、その次は千葉県です。

実は薄緑から白っぽい果肉で、淡白な味です。

アサウリ、ツケウリ、カタウリ、モミウリとも呼ばれます。





【咲姫】

咲姫 (サキヒメ)は、「やよいひめ」と「さがほのか」から作られたそうです。

佐賀県の農家で作られたんだとか。

香りがよく糖度も高いことで注目されました。

見た目はなんだか細長い感じのもあるみたいです。

栽培数が少なくなかなかレアな存在のイチゴのようです。






【クロレラ】

淡水性単細胞緑藻類の総称です。

しかし、多くの人にとっては健康食品というイメージが強いと思います。

空前のブームを引き起こしたクロレラですが、沈静化したのには理由があります。

実は、問題にもなっていて、2015年には景品表示法に基いた裁判にも発展したのでした。






【スプラウト】

新芽を食用にしたものです。

モヤシやカイワレ大根などがよく知られていますが、ほかにもいろいろあります。

発芽に伴う代謝の中で、種子のときには存在しなかった成分も摂取できるそうです。

さまざまな栄養の摂り方ということでしょうか。

ブロッコリースプラウトや芽キャベツなども含まれるようです。






【オウバク】

キハダの樹皮からコルク質を取り除いて乾燥させたものが、生薬の黄檗(おうばく)だそうです。

キハダはアジア東北部の山地に自生しており、珍しい木ではないみたい。

日本でも全土でみることができます。

黄柏にはベルベリンなどの薬用成分が含まれるそうです。


ラベル:ウリ
posted by あっちゃん at 04:05| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする