脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年08月28日

佐久古太きゅうり→千葉S4号→続く雑談

【佐久古太きゅうり】

長野県佐久市志賀地区・春日地区でもともと栽培されていたキュウリなんだそうです。

「さくこた」ではなく「さくこだい」と読みます。

少なくとも昭和20年代からの栽培とのことで、信州の伝統野菜になっています。

シベリア系の品種で、みずみずしく歯ごたえもよく生食にも適しています。






【千葉S4号】

「チーバベリー」という愛称がある千葉生まれのイチゴです。

この愛称は公募によって決めたんだそうです。

「みつる」「章姫」「栃の峰」「とちおとめ」などが交配に関係したみたいです。

大粒で果汁が多いという特徴があります。

栽培面ではうどんこ病に強いという特徴があります。






【クランベリー】

ツルコケモモ、ヒメツルコケモモ、オオミノツルコケモモ、アクシバなどがあります。

果実は非常に酸味が強く、生食には向かないです。

水中で木を揺すると果実が外れて水面に浮かび、大型機械で掬い取って収穫するんだとか。

菓子やジャム、ペミカン、クランベリージュースの原料に使われます。






【レンズマメ】

光学の「レンズ」はこのマメが名前の由来となっています。

マメのかたちがひらべったく凸レンズのほうが似ているからなんだとか。

和名ではヒラマメといいます。

日本ではあまり食材としては知られていないかもしれません。

インド料理やイタリア料理、フランス料理で用いられる食材です。






【オウギ】

ナイモウオウギの根が黄耆(オウギ)という生薬なんだそうです。

日本薬局方に収録されているようです。

止汗、強壮、利尿作用、血圧降下等の作用があるといわれています。

漢方方剤の、たとえば、防已黄耆湯や、桂枝加黄耆湯、黄耆建中湯などに含まれるそうです。


ラベル:きゅうり
posted by あっちゃん at 03:58| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする