脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年08月23日

大和三尺きゅうり→桜桃壱号→続く雑談

【大和三尺きゅうり】

ずっと育てると長くなることからこの名前が付いたようです。

奈良県農林部によると、明治後期に県内で交配育種された品種なんだとか。

奈良県により「大和野菜」に認定されています。

コリッとしっかりした歯切れがあることから、漬物に使われるそうです。

苦味もなくおいしいキュウリのようです。





【桜桃壱号】

「アマテラス」と「紅ほっぺ」の交配種なんだそうです。

果実の大きさがものすごく大きく、ネット通販などで人気のイチゴなんだそうです。

ネットで調べると名称の変更などの資料も出てきたりするのでした。

ちなみに壱号はイチゴと語呂が似ていますね。

狙った効果でしょうね。





【クエン酸】

疲労回復ということでもてはやされ、一気に有名になったイメージがあります。

もともとは柑橘系などに含まれている有機化合物のことです。

梅干しにもたっぷり含まれているそうです。

いろんなサプリメントにも含まれてますし、食品添加物としていろんな食品に入っているのでした。





【ラッカセイ】

ラッカセイの原産地は南アメリカ大陸なんだそうです。

日本でもよく食べられる人気の食品です。

ピーナッツや落花生はおつまみの定番として人気です。

とくにピーナッツはバターピーナッツとして単独で見かけますし、また柿の種のおともとしても定番です。

ピーナッツクリームもまた人気ですね。





【エンゴサク】

日本薬局方に収録されています。

延胡索というふうに書きます。

鎮痙、鎮痛作用などがあるそうです。

大正中薬胃腸薬、太田漢方胃腸薬などにも配合されているそうです。

そのように聞くととても身近な感じがしてきますね。

キケマン属の塊茎を乾燥したものだそうです。


ラベル:きゅうり
posted by あっちゃん at 04:02| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする