脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年07月29日

高井戸節成胡瓜→夏娘→続く雑談

【高井戸節成胡瓜】

馬込半白胡瓜と練馬の枝成胡瓜の交配から作られ、両方のいいとこどりをしたキュウリです。

東京都杉並区の伝統野菜であり、江戸東京野菜のひとつとされます。

しかし、消費者ニーズの変化や、ハウスなどの施設栽培の普及、さらには都市化などにより生産されなくなりました。






【夏娘】

夏娘(カレイニャ)とは、北海道生まれのイチゴです。

「みよし」と「サマーベリー」の交配種なんだそうです。

糖度は高くて、酸度もやや低いんだそうです。

でも表皮の色が斑で光沢が少ないのが弱点のようです。

見た目は大事ですからね。

あと実がやわらかいこともおしい特徴です。






【札幌大球】

「さっぽろだいきゅう」と読みます。

戦前から、札幌周辺でつくられる巨大なキャベツです。

伝統野菜としても認識されているようです。

通常のキャベツが1キロ程度なのに対して、10キロ以上、最大級では20キロもあるそうです。

生でも茹でても漬け物でもおいしいそうです。







【ササゲ】

日本でもおなじみのこの食材は、世界でも食されています。

もともとはアフリカ原産なんだそうです。

南米では繁栄と幸運を呼ぶ食物とされ、正月に食べる習慣があります。

日本でもお祝い用の赤飯にササゲが使われることもあるそうです。

煮ても皮が破れないところが、破れる小豆と違い好まれるんだとか。






【ウバイ】

漢方薬の「烏梅」(うばい)とは、ウメの実からつくられるそうです。

藁や草を燃やす煙で真っ黒に燻したウメの実です。

梅の実ってその他にも、梅酒にしたり、梅干しにしたりいろいろ用途があります。

ただ、青梅には毒性もあるそうで注意が必要です。

知らないと簡単に口にしちゃいそうですね。

ラベル:キュウリ
posted by あっちゃん at 04:13| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする