脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年06月29日

黒イボ系きゅうり→アマテラス→続く雑談

【黒イボ系きゅうり】

キュウリの表面にはイボのような小さな突起があります。

新鮮だとトゲのように痛いんですよね。

そのイボが黒っぽく見えるのが黒イボ系のきゅうりです。

きゅうり全体の色が薄いため、イボが黒っぽく見えるのでした。

白イボ系のキュウリに押されて、少数派となっています。





【アマテラス】

「とよのか」と、「鬼怒甘(女峰の突然変異種)」を交配してつくられたイチゴだそうです。

幻のイチゴとも呼ばれるようです。

ネット通販などで人気です。

ひとつひとつが非常に大きいイチゴです。

甘さ、香り、大きさ、食感、いずれも素晴らしいんだそうです。

すごいですね。






【ガルシニア】

ダイエットサプリメントの中にこの名称を目にしたことがあるかもしれないですね。

食欲とか脂肪の蓄積に関することで注目されたのでした。

もともと、インドや東南アジアなどではカレーのスパイスとして用いられていたというのも安心ですね。

甘酸っぱさを生かしたスパイスなんだとか。






【ほまれ大納言】

北海道で生まれた大納言(あずき)です。

農林水産省の新品種として命名登録されたのは2010年のことです。

ちなみに2008年には北海道の優良品種にも認定され、期待されている大納言です。

特徴は、加工適性もよく、風味も評価され、アカネより粒がやや大きいなどです。




自動車を廃車するかどうかの大事な判断をたった一つの業者に任せるなんてもったいないです。冷静に考えると業者はできるだけ安く買い取りたいのですから、そこにお任せするのはありえないはず。廃車@茨木市のはなしが参考になります。下取り査定だけで愛車の価値を判断する必要はないです。買取り査定を簡単に比較して納得の業者を見つける便利な方法があります。仮に廃車だとしても引き取り業者の選定は重要です。還付金の取りこぼしについてもお忘れないように注意も必要です。




【イチジク】

不老長寿の果物とも呼ばれるんだとか。

どうしてなんでしょうね。

果実は生食するほかに乾燥イチジクとしても流通しているそうです。

熟した果実、葉を乾燥したものが生薬となっているそうです。

果実は無花果(ムカカ)、葉は無花果葉(ムカカヨウ)というそうです。

ラベル:きゅうり
posted by あっちゃん at 03:59| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする