脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年06月19日

キュウリ→禁煙助言アプリ→続く雑談

【キュウリ】

生でも漬物でもおいしく食べられるキュウリです。

食感がいいので、サラダなどでも定番として使われます。

海苔巻きになると、かっぱ巻きと呼ばれます。

酢の物にしてもおいしいです。

新鮮なキュウリはとげがあるので、触ると痛いときがあります。

栄養的にはほとんどが水分なんだそうです。





【禁煙助言アプリ】

スマホの禁煙助言アプリというのがあるみたい。

禁煙の成功には継続的な取り組みが必要なので、それをサポートしてくれるって素敵ですね。

たとえばキュア・アップが手掛けています。

この会社はニコチン依存症だけじゃなく、非アルコール性脂肪肝炎などの治療アプリも手掛けているようです。





【カテキン】

カテキンといえば近頃よくしられる成分ですね。

よく茶カテキンというのがおなじみかもしれません。

お茶の苦み成分ともいわれてます。

カテキンはいろんな生理活性が報告されているそうで、特定保健用食品などにも目にします。

サプリに使われることもあるようです。





【ほくと大納言】

あずき(大納言)のうち、北海道で多く栽培されている種類のひとつとのことです。

極大粒であるという特徴から粒小化の心配は少ないんだとか。

長所ですね。

一方で、短所もあります。

それは収穫前の雨による雨害粒が多発したこと。

これがために栽培面積が減ったほどだそうです。





【アマチャヅル】

北海道から、本州、四国、九州、沖縄に自生する植物です。

日本だけじゃなく、朝鮮半島、中国、東南アジア、インドに分布するようです。

中国などでは古くから薬草として葉が使用されたそうです。

葉は噛むと甘味があります。

「アマチャヅル茶」として一時期ブームになったこともあるようです。


ラベル:漬物
posted by あっちゃん at 04:15| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする