脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年04月25日

スペックルドロマン→γ-GDP→続く雑談

【スペックルドロマン】

太った唐辛子のような、縦長のトマトです。

表皮の色は、赤・オレンジ・黄色がまだらに存在し、知らなければとてもトマトとは思えないでしょう。

でもへたがしっかりトマトですし、輪切りにするとトマトっぽいなかみなのでした。

皮がややかためのようなので、加熱したほうがいいようです。





【γ-GDP】

健康診断でこの数値を気にしている人は多いかもしれません。

アルコールの飲みすぎが出てくる数値です。

でも行き過ぎると脂肪肝や肝硬変になるため、200を越えたら病院に行くべきなんだとか。

肝臓についてはGOTやGPTも併せてチェックするといいみたい。

数値の意味が分かると興味も高まります。





【プロポリス】

蜂ヤニとも呼ばれる樹脂製混合物です。

ミツバチが木の芽や樹液などの植物から集めたものです。

ミツバチは巣のすきまを埋めたり、構造の補強としたりしています。

植物由来のため、その由来にした植物におうじて見た目も様々です。

ちなみに人間にとっては「グリーン・プロポリス」が最上級品とされています。






【軟粒種】

トウモロコシにもいろいろです。

実全体がやわらかいでんぷんでできているトウモロコシだそうです。

そのため粉にひきやすいという特徴があります。

ソフトコーンなどとも呼ばれます。

粉にひいた後は、トウモロコシの姿はないので、案外目に触れることは少ないのかな。






【病児保育のいろいろ】

病気の子供を預かってくれる病児保育にはいくつかタイプがあります。

最初から具合が悪い子どもを預かる病児対応型。

保育所にいる間に具合が悪くなった子どもを預かる体調不良時対応型。

さらに看護師などが自宅に訪問する訪問型などです。

共働きやひとり親には心強いですね。


ラベル:トマト
posted by あっちゃん at 04:12| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする