脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年04月20日

イタリアンレッドペアー→ME-BYO→続く雑談

【イタリアンレッドペアー】

大玉の赤いトマトです。

表面がつるんとしていないで、縦に溝が走り、ぼこぼこしています。

洋ナシのような形に熟すものもあり、それで名前に「ペアー」がついたのでしょう。

北イタリアでは昔からトマトの品種なんだそうです。

目新しさばっちりの大きなトマトです。





【ME-BYO】

神奈川県が平成26年から商標登録して、活動しています。

「未病」を意味する言葉です。

健康長寿社会を目指し、日常的に未病を意識し、健康行動を促す活動を行っているようです。

長生きするにしても、健康じゃないと幸せとは言えないですからね。

賛同されやすいコンセプトだと思います。






【プエラリアミリフィカ】

更年期障害とか、美肌とかに期待されているんだとか。

サプリメントなどで時々目にするプエラリアです。

もともとはタイ北部やミャンマーの山岳地帯などに自生する植物だそうです。

女性ホルモンに似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが注目されました。






【糯種】

黒かったり、紫色だったり、風変わりなトウモロコシです。

触感がもちもちしているところも、普通のトウモロコシとは違うみたいです。

これは粒の中のでんぷんに由来する特徴なんだとか。

もちとうもろこしとか、ワキシーコーンともいわれます。

完熟すると粒の表面がツルツルになるのも特徴です。





【除菌剤・クレベリン】

除菌消臭剤のクレベリンは、空気中のウイルスや細菌を無害化するんだそうです。

加湿器などへ搭載可能なタイプもあるみたい。

インフルエンザなど感染予防などでも注目されているみたいです。

カビ抑制などの科学的な効果も証明されているんだとか。

正露丸で有名な大幸薬品なのでした。


ラベル:トマト
posted by あっちゃん at 04:12| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする