脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年03月31日

マイクロトマト→術前・術後の写真掲載→続く雑談

【マイクロトマト】

わずか1センチほどのトマトで、初めて見ると心を奪われます。

まさにマイクロの名前のとおり、想像を超える小ささだと思います。

味はしっかりトマトなんだそうですし、ミニチュアなプレートをつくってみたりと楽しめそうです。

色は赤とオレンジ色のものがあるみたいです。





【術前・術後の写真掲載】

美容医療を中心に手術前後の写真を掲載するウェブサイトに対しての規制です。

なかには加工した写真を掲載しているところもあったそうで、見分けがつかないので、原則禁止になるのでした。

ただ学術的なものについては、特定の医療機関への誘導ではないため除外されるんだとか。






【フィロキノン】

植物や多種多様な藻類などにより合成される物質です。

ビタミンK1ともいわれるそうです。

その特徴にナフトキノン骨格を持つことがあるんだとか。

酸素発生型光合成を行う生物のみが合成できるものだそうです。

つまりそのほかの生物は摂食でしか摂れないということですね。






【ホワイトショコラ】

全粒白色で、見た目も美しいトウモロコシです。

トウモロコシは黄色という概念を覆すのでした。

皮がやわらかく、生でも食べられるそうです。

こと店でも常識破りですね。

もちろん焼いても茹でてもおいしいスイートコーンです。

その甘さはフルーツにも負けないそうです。





【テロメア】

寿命をつかさどる染色体が脚光を浴びているそうです。

細胞の染色体の端にある「テロメア」。

このテロメアは細胞が分裂するたびに少しづつ短くなるそうです。

そしてそれに伴って細胞分裂の回数が減って、分裂をしなくなるんだとか。

テロメアは「命の回数券」ともいわれるそうです。


posted by あっちゃん at 04:09| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする