脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年03月21日

チェリースノーボール→手術ロボ→続く雑談

【チェリースノーボール】

トマトらしさがみじんもないネーミングですね。

スノーは白さをあらわしているようですが、身はクリーム色と黄色っぽいです。

でも他の黄色いミニトマトと比べてみると、色が薄く、白く感じます。

普通に生でサラダなどに添えるのがいいみたい。

ちなみにこのトマトはエアルームトマトです。





【手術ロボ】

手術にもロボットが使われています。

さきがけは、米インテュイティブ・サージカルによる「ダヴィンチ」です。

戦場で負傷した兵士を遠隔手術するシステムとして開発されたんだとか。

手術ロボが普及することで、遠隔手術が広がるだけじゃなく、手術の概念も大きく変わるかもしれないです。





【ピリドキシン】

ピリドキサールやピリドキサミンとともに、ビタミンB6とされる化合物です。

赤血球生産を促進するなど重要な役割を担う栄養素です。

不足すると皮膚炎、口唇炎、貧血、脂肪肝などの原因になることもあるみたいです。

通常の食事で必要量を摂取するのは難しくないみたいです。





【ピュアホワイト】

白色スイートコーンです。

粒が光沢のある白で、名前通りのトウモロコシです。

その甘さも特徴で、果物よりも甘いとも言われます。

ところが栽培や生産が難しいそうで、希少価値が高い品種なんだとか。

なんせ「幻のトウモロコシ」とまで言わせたそうです。

雪印種苗が開発したトウモロコシです。





【飲むだけで痩せるNG】

広告表現として、「飲むだけで痩せる」に消費庁からNGが出ました。

機能性表示食品への措置命令です。

考えてみると、運動や食事制限なしに、食品を摂取するだけで痩せるってないですよね。

冷静な判断だと思いますが、そもそも普通に出回っていたのは不思議なことです。



愛犬をもっと上手にしつけるには正しい方法を知ることが大事です。犬の特性を知らないままでは、苦労してもまったく言うことを聞かないということも十分あります。伊丹市で学ぶ犬しつけの方法がおもしろいと思います。教室に通わなくても自宅でも十分なしつけや飼い方を学ぶことができるようになってます。家族みんなでしつけ上手になりましょう。

posted by あっちゃん at 04:08| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする