脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年01月28日

キャロルセブン→ゴマ→続く雑談

【キャロルセブン】

キャロル7は甘いミニトマトとして人気のトマトです。

「すずなりミニトマト」ともいわれるようにたくさんとれるようです。

実も割れにくく完熟してからの収穫にも適しているんだとか。

スープや炒め物などにもいいみたいです。

またサラダやサンドイッチなどの生食にも好まれるようです。





【ゴマ】

種子が食材として、また食用油(ごま油)など油製品の材料として用いられます。

おなじみの食材です。

古代から世界中で利用されているそうです。

昔からゴマは栄養価の高い食品として知られます。

胡麻豆腐やおひたし、タンタンメン、胡麻ドレッシングなどにも欠かせない食材です。






【紫蘇油】

紫蘇の種からとれる油で、健康食品としても注目されました。

シソといえばアオジソを刺身のつまにしたりします。

またアカジソは梅干しに使われたりします。

独特の香りもあり好き嫌いが分かれるところです。

栄養素も豊富といわれており健康によさそうなイメージですね。






【ゴールドラッシュ】

黄色の粒がゴールドラッシュのように輝くイメージなのかな。

一見トウモロコシとはかけ離れた名前に感じるのでした。

生食も可能なほど粒皮がやわらかく、そして甘くておいしいそうです。

もちろん茹でてもおいしいですが、生でおいしいトウモロコシは一度生でも食べてみることですね。





【糖尿病1000万人】

厚生労働省の推計によると2016年に初めて日本の糖尿病が1000万人を超えました。

本当に身近な病気です。

生活習慣が主な原因で自覚なく進んでいくため、かかりやすい怖い病気です。

そのことを反映した数字ですね。

大台に乗ったのには高齢化進展も背景にあるんだとか。



英語を通じるようになるまで上達したいというのなら、ヒアリングは欠かせない力です。聞き取れないを克服するには、それなりに十分な量を聞き込まないと難しいと思う。こっそり英会話@山口市の方法におもしろい方法がありました。たっぷり聞くためには聞き流すというスタイルがすごくいいと思う。忙しい人にも喜ばれている方法があります。
posted by あっちゃん at 04:07| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする