脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年01月22日

イエローアイコ→レンズマメ→続く雑談

【イエローアイコ】

ミニトマトのアイコの黄色いバージョンのようです。

肉厚でゼリーが少ないのはアイコと同じようで、もちろん形も長卵型となってて同じです。

色合いが黄色ということで、トッピングの変化などで使えそうです。

トマト嫌いの子供が、挑戦するのにもいいかもしれないです。






【レンズマメ】

和名では、ヒラマメなどともいわれるそうです。

あまりなじみがないマメですね。

インド料理やイタリア料理、フランス料理で使用される食材なんだとか。

カレーやスープ、煮込み料理などで食されるようです。

光学分野の「レンズ」はこのマメが名前の由来なんだとか。

マメのほうが名前が先のようです。






【ノコギリヤシ】

小さなヤシで、高さは2から4メートルほどになるようです。

ノコギリパルメットなどとも呼ばれます。

果実は大きく赤黒い核果で、脂肪酸やフィトステロールを多く含むんだとか。

食用だけじゃなく、医療用としての利用もあるようです。

葉は茅葺屋根の材料にもなるようですし、重宝な植物ですね。






【サニーショコラ】

生食でもおいしく食べられるというスイートコーンです。

大げさに感じられるけど、食べてみると分かるみたい。

粒皮も薄くてフルーツコーンという異名も持つのだとか。

でも栽培には難しさもあるそうで、簡単に手に入るような品種ではないようです。

旨いトウモロコシは簡単ではないみたい。






【オーソライズド・ジェネリック】

ジェネリック医薬品は津城、有効成分は先発医薬品と同じものの、添加物や製法などが異なる場合が多かったです。

そのため、違いも目立ちました。

ところが、オーソライズド・ジェネリックは、特許使用の許諾を受けて、先発医薬品とほぼ同じものです。

その分安心感が違うようですが、価格はジェネリックとあって嬉しいです。


posted by あっちゃん at 05:10| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする