脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年01月16日

アイコ→ラッカセイ→続く雑談

【アイコ】

形の特徴は長い楕円けいでお尻がとがっているということ。

基本的にミニトマトとされていますが、ミディトマトくらいまで大きくなるものもあるようです。

生で食べたりサラダに使われたりする一方で、加熱してもおいしいとされています。

果肉が厚く、日持ちもいいのが特徴です。





【ラッカセイ】

殻付きの落花生としても有名ですし、ピーナッツとしても知られます。

すごく人気があり、バターピーナッツや柿の種とのミックスでスナックの定番となっています。

節分の豆まきのさいに、落花生を用いる地域も少なくないです。

殻付きだと回収して食べやすいですからね。





【ニンニク】

香味野菜の代名詞的存在です。

また元気が出る食材としても昔からよく知られています。

でも食べた後の口臭が気になることから時を選ぶ必要もあるのでした。

国内産では青森県が多く、田子町はブランド化されていて人気です。

世界的にみると中国の生産量が圧倒的に多く、8割を占めるそうです。






【味来】

甘さが特徴のトウモロコシです。

1990年代から出回ったといわれています。

他のトウモロコシより栽培に手間がかかるんだとか。

粒の皮が柔らかく生でもたべることができます。

でも甘さは熱を通したほうが増すそうです。

甘くおいしく食べるためには、収穫からできるだけ早く食べることも大事です。






【臍帯血投与で逮捕】

他人の臍帯血を無届け出投与したことで、医師が逮捕されました。

2017年8月のことです。

再生医療安全性確保法で初の立件ということで話題になりました。

治療は、がん治療や美容目的だったそうです。

ただその金額が大きいことでも驚きます。

1回で、300万円とか、400万円とか。

動機はやはりお金だったんですかね。


ラベル:アイコ
posted by あっちゃん at 05:07| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする