脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2017年12月04日

カゴメこくみトマトラウンド→ササゲ→続く雑談

【カゴメこくみトマトラウンド】

ラウンドという名前の通り、形の丸いトマトです。

大きさは中玉で、ヘタがほそくピーンとしていて、見た目もきれいです。

カゴメのオリジナル品種ですが、カゴメって加工食品だけじゃなく農業にも力を入れているようです。

サラダにもスープにも炒めものにも合うそうです。





【ササゲ】

ササゲも日本でもおなじみの食材ですが、アフリカ原産なんだそうです。

ササゲの子実は、カメムシ類によって食害されるんだとか。

でも、蜜がアリを呼び、その中で大型のクロヤマアリが近くにいるカメムシを追い払うんだとか。

ササゲにとってアリは味方のようです。

しらないと間違いそうですね。





【アガリクス】

一時期ブームを起こしたキノコ由来のサプリメントです。

ガンとの関係で効果がもてはやされた時期もありましたが、ブームを過ぎるとあまり名前を聞くことも無くなりました。

ハラタケ属キノコ全体の総称なんだとか。

ニセモリノカサ、カワリハラタケ、ヒメマツタケなどという呼び名もあります。







【ヘチマ】

強健で作りやすい植物なんだそうです。

だから小学校の理科でも観察に使われたのかもしれません。

へちまというと、乾燥させてタワシにするイメージはありますが、あまり食用という感じはしないです。

でも南九州などでは食べられているそうです。

インド原産ですが室町時代に中国から渡ってきました。





【グルコサミン】

テレビCMでよく耳にすることで、知名度は高いかもしれませんね。

栄養補給サプリメントや健康食品として販売されています。

天然において貝の殻、動物の骨および骨髄に存在する成分なんだそうです。

カニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在するんだとか。

posted by あっちゃん at 05:04| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする