脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2017年11月25日

りんか409→枝豆→続く雑談

【りんか409】

見慣れたトマトに比べると小ぶりなトマトです。

品種名で流通することはないみたいですが、それと気がつかないで食べているかもしれないそうです。

しっかりとした肉質や高糖度でコクがあるのが特徴なんだとか。

高糖度に仕上げる栽培法にも適しているそうで、フルーツトマトとしてもおいしいです。





【枝豆】

未成熟で青いうちの大豆を収穫ものです。

つまり、収穫のタイミングの問題で、もともと大豆ということです。

塩ゆでした枝豆はビールやお酒のおともとして定番です。

良質たんぱく質ということで、味だけではなく、栄養面でも最高のつまみになるのでした。

つぶしてあんじょうにしたものを「ずんだ」といいます。





【黒豆活用】

おせち料理には欠かせない黒豆の煮豆です。

でも他の食べ方ってそれほど知られていないかも。

健康食品として注目されるようになってから、黒豆ココア、黒豆コーヒー、黒豆茶のような飲み物も耳にするようになりました。

黒豆きな粉というのもあり、牛乳と混ぜて飲む「黒豆きな粉牛乳」も話題です。







【トウガン】

カモウリとも呼ばれるウリ科のつる性一年草の果実です。

ユウガオよりやや果肉は硬めで、味にくせがないのが特徴です。

カロリーが低くダイエット食品としても注目されたようです。

ほとんどが水分のため、栄養価は高くないです。

煮物、汁物、漬物、酢の物、和え物、あんかけなどで食されます。





【クロレラ】

一時期ブームになった健康食品のひとつですね。

多くの人がその名前は知っているはずです。

もともとは淡水性単細胞緑藻類の総称のことです。

しかし健康食品の名前として知る人のほうが多いでしょうね。

けっこう問題にもなったようで、2015年には裁判にもなっているのでした。

ラベル:りんか409
posted by あっちゃん at 05:09| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする