脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2017年10月17日

佐土原なす→ほまれ大納言→続く雑談

【佐土原なす】

アクがあまりないので、生でたべてもおいしいようですが、焼くともっとおいしいです。

紫色の大きめのナスです。

宮崎県佐土原で昔から作られていたそうで、江戸時代までさかのぼることができるようです。

ただ一時期、栽培しやすい品種に押されて姿を消していた時代もありました。






【ほまれ大納言】

北海道の大納言(あずき)です。

新しい品種で、あかね、ほくと、とよみとよく比較されます。

特徴としては、あかねより粒が大きくて、加工適性がよく風味の評価も高いんだとか。

ちなみに2008年に北海道の優良品種として認定されています。

土壌病害にも強いみたいです。






【玉大黒】

長野県や北関東、北陸地方などで栽培されているそうです。

「丹波黒」からの交配で作られた品種で、「たまだいこく」と呼ぶそうです。

上品な甘みがあり煮豆に適しているそうです。

黒大豆だから、イソフラボンのほかアントシアニンなどの成分も豊富なようですし、美味しく健康にもよさそうです。







【大和三尺きゅうり】

奈良県内で古くから栽培される、在来のキュウリの品種です。

白イボ系で、苦味もなくおいしいきゅうりなんだとか。

収穫時期を延ばすとどんどん長くなるキュウリで、本当に三尺にまでなるんだとか。

奈良漬にも使われるそうですが、生で食べてもおいしいそうです。

太く育ちすぎたのは味噌汁にも使われるんだとか。





【ギムネマ】

ホウライアオカズラの葉を噛み続けると甘味を感じなくなるんだとか。

この現象は、ギムネマ酸によるものなんだとか。

またホウライアオカズラは、2千年近くにわたり糖尿病向けのハーブとして使われているんだとか。

とはいうものの、この効果の根拠はまだ不明みたいです。

ラベル:佐土原なす
posted by あっちゃん at 05:09| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする