脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2009年05月31日

ヘソ周り85cm→ウォーキングダイエットの準備→・・・と続く雑談

【ヘソ周り85cm】 ヘソ周辺の胴回りが85cmを超えると、要注意だそうです。健康診断で初めて測ってもらいました。ウエストとは違うようです。ズボンのサイズより大きい値になっていたのはショックでした。しかも、85cmを超えて、要注意といわれたのもショックです。これで、私もメタボリック症候群の一員でしょうか。

【ウォーキングダイエットの準備】 ウォーキングでダイエット効果をきちんと出すには、ただ歩いてもダメです。正しい歩き方をしなければなりません。ですのでウォーキングをはじめるまえに、歩き方のチェックをきちんとしましょう。上下左右に揺れながら歩いていたり、膝を曲げて歩いていたりしないでしょうか?きちんとチェックしましょうね。チェックを怠ると、思うように効果が上がらないかもしれませんよ。

【ウォーキングで効果的に痩せよう】 ウォーキングは多くの人に知られ、実際に取り組んでいる人がすごく多いです。そのためか、昔と違って始めることに照れくささはあまり感じなくなってきたのでは無いでしょうか?ジョギングと異なり、無理しないでできるところも嬉しいですね。年齢にも関係ありません。メタボ対策にもいいです。でもやるなら効果的に行いたいですね。そのためには正しいフォームと適切な時間、そして継続して行う事が大事です。

【バストの悩みとバストアップ】 バストを悩みにする女性は多いです。豊胸を夢見る女の人は少なくありません。ところで、バストアップって実現できるものなのでしょうか?バストアップといえば幾つか方法があります。一つは美容整形外科による手術。マッサージなどによるものや、サプリメントを利用するものもあります。始めるのでしたら、自分にあった方法をしっかり選びましょう。

【夏はダイエットの季節】 夏場はダイエットの季節ですね。やはり露出度の高い服を着ることになるので、体のラインは気になるところです。逆に冬は着込むためダイエットへの関心が少し低くなるようです。夏に海やプールでの水着を着る事を目標にダイエットに挑戦するなら、できるだけ早く始めたいですね。急なダイエットは体への負担もありますし、そもそも長続きしません。

いろいろなページを少しだけ紹介。にきびが出やすい時期はケアだけでは難しいのかな。生理前ニキビを改善@ニキビケア化粧品ビーグレンの方法が参考になるといいな。あせらないことも大事かも。
posted by あっちゃん at 07:08| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする