脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2017年02月25日

高脂血症と薬→ユウガオ→続く雑談

【高脂血症と薬】

高脂血症の治療に使われる薬は、コレステロールが高い人と、中性脂肪が高い人で違うそうです。

たとえば中性脂肪の高い場合は、ベザトール、ナトリス、ユベラニコチネートなどの内服薬です。

コレステロールが高い場合はリピトール、プラバチン、メバロチンなどの内服薬です。






【ユウガオ】

ナガユウガオとマルユウガオがあります。

大きな果実を実らせることが特徴です。

苦味の少ない品種が食用とされています。

たとえば、かんぴょうはユウガオの実を細長い帯状に剥いて加工したものです。

名前だけで見るとアサガオやヒルガオなどと同じシリーズっぽいですが違います。






【アスパラギン】

人に必要なアミノ酸の一つですが、アスパラギン酸から体内でつくれるので、必須アミノ酸には挙げられないようです。

名前の由来は野菜のアスパラガスなんだそうです。

というのも初めて単離されたのがアスパラガスからだったというのが理由です。

いろいろ効果が言われていますが、根拠がはっきりしないものも多いみたいです。



続きを読む
ラベル:高脂血症
posted by あっちゃん at 05:34| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

脂質異常症の自覚症状→ヘチマ→続く雑談

【脂質異常症の自覚症状】

自覚症状が乏しいというか、何もないことも多いのが、サイレントキラーと言われるゆえんです。

具合の悪さを感じることなく悪化が進み、突然倒れるということもあるので怖いです。

対策としては、そういう自覚症状の薄い病気だということに気付くこと、そして普段からの生活改善を継続するしかないのでした。





【ヘチマ】

食用というよりはタワシのイメージが強いかも。

でも主に南西諸島と南九州では食べられているそうです。

小学校の理科教材としても知名度が高いです。

ウリ科の一年草で、インド原産なんだそうです。

日本での歴史もけっこう古く、室町時代に中国から渡来したそうです。





【ヒスチジン】

人の必須アミノ酸の一つとして知られてますが、特に乳幼児の成長には欠かせないようです。

アレルギー反応に関与するヒスタミンの前駆体としても知られます。

糖原性を持つ塩基性アミノ酸の一種です。

名前はギリシャ語で「組織」という意味からきているんだそうです。




続きを読む
posted by あっちゃん at 05:22| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする