脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2016年09月28日

レーシックの時間→シシトウガラシ→続く雑談

【レーシックの時間】

目の手術を受けたら、術後完治するまでしばらく見えない生活なのかなと不安を抱くひともいるかもしれませんね。

ところがレーシックは目の手術ながら、その日のうちに入院不要で帰れます。

もちろん目に包帯を巻いたような状態はなしで、自分の目で見て帰ることができます。

実態を知ると手軽さに驚くことになるかもです。






【シシトウガラシ】

トウガラシの甘味種で、シシトウとも呼ばれます。

ビタミンCなどを多く含み、栄養価が高いとされます。

夏バテにもいいんだとか。

植物学的にはピーマンと同種なんだとか。

だから小さなピーマンといったところでしょうか。

成熟すると赤くなるけど、普通は熟す前に収穫します。






【フラボノイド】

チョコレート、ココア、緑茶、紅茶、ワインなどによく含まれているそうです。

強い抗酸化作用が注目され、サプリ等でおなじみの成分となっています。

アントシアニンもフラボノイドの一つなんだそうです。

ちなみにフラボノイドのうち、クエルセチン、ヘスペリジンなどをあわせてビタミンPと呼ぶこともあるそうです。



続きを読む
ラベル:レーシック 時間
posted by あっちゃん at 05:52| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

失敗しないレーシック→トウガラシ→続く雑談

【失敗しないレーシック】

レーシックには適性もあるそうです。

事前に検査することで適正による失敗はなくすことができるようです。

そのほかにも一時的なドライアイなどの症状が出ることもあるようですし、事前の理解は欠かせないです。

失敗しないために、事前の情報収集は大事かもしれないです。





【トウガラシ】

トウガラシも実はナス科なんだそうです。

ナス科トウガラシ属の多年草または低木とされています。

「唐」から伝わった「辛子」の意味だけど、必ずしも中国からを示すものではないらしいです。

辛味成分のカプサイシンは、近年注目されたこともあります。

トウガラシは防虫としても使われたりします。






【ビタミンK】

血液の凝固などにも関わっているそうで、不足すると出血傾向になるようです。

過剰摂取による問題はあまり知られておらず、上限設定はないようです。

通常の食事で不足することはないようですが、新生児や乳児には不足するケースも見られるそうです。

そのためビタミンKシロップやビタミンK添加のミルクなどもあります。




続きを読む
ラベル:レーシック 失敗
posted by あっちゃん at 05:54| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする