脳梗塞(プロローグ)・・・ 診断ミス?

外出中ふと体の異変を感じ、自宅に戻って休んだ。 しばらくして体が動かない! 「もしや・・・当たった!?」
脳梗塞が頭をよぎり、家族に、知人に慌てて電話をして病院に連れて行ってもらうものの、医者の診断は原因不明!「とりあえず入院を・・・」
医師の言葉に納得できず、その病院を出て違う病院へ、そしてやっと「脳梗塞」と診断がされ緊急入院。病院から病院へのタイムロスもあり、かなり危険な状態に・・・

脳梗塞で倒れ、危険な状態を経て、半身麻痺という後遺症が残った一人の男とその家族の体験を通じて脳梗塞についていろいろ語ります。

脳梗塞直後の危険な状態からの生還やその後ずっと続くリハビリ、体が動かないということへのショック、心の中の葛藤と疲れ、なかなか効果が実感できないリハビリへの焦り、大半を室内で過ごすことになり以前との生活の激変で募るイライラやストレス、・・・。
それを支える家族の奮闘・・・。
脳梗塞の早期発見でほとんど後遺症が残らずに社会復帰している人を見ると、「あの時もう少し早く診断されれば・・・」
悔いに心を支配されたくはないけど、どうしても思い出してしまう病院での対応・・・

2018年09月17日

トウガン→アイベリー→続く雑談

【トウガン】

大丸冬瓜、小丸冬瓜、長冬瓜、沖縄冬瓜などがあります。

原産はインド、東南アジアで、平安時代には日本に伝わっていたそうです。

ほとんどが水分のため、栄養価は高くないようですが、低カロリーが注目されているようです。

ダイエット食品としても知られるようです。






【アイベリー】

普通のイチゴの2、3倍の大きさがあるのが、特徴のひとつのようです。

愛知県の愛三種苗がつくった品種だそうです。

愛知から名前をとったので、愛ベリーという時もあるようです。

甘さ自体はそれほど強くないようです。

でもバランスのいい味わいがいいみたいです。






【ケール】

青汁の材料としてその名前を知られるようになった野菜です。

キャベツと同じ、アブラナ科の植物ですが、結球しません。

和名はリョクヨウカンラン(緑葉甘藍)などです。

地中海沿岸が原産なんだとか。

キッチン、サンバカーニバル、ジューシーグリーンなどの品種があります。




続きを読む
ラベル:
posted by あっちゃん at 04:02| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

ツルレイシ→宝交早生→続く雑談

【ツルレイシ】

イボに覆われた外観が特徴の緑色のウリ科の果実です。

ゴーヤーとか、ニガウリといったほうが分かる人も多いかもしれません。

沖縄料理が注目され、このゴーヤーの知名度も全国的に広がりました。

独特の風味があり、健康野菜としての注目度が高いです。

完熟すると実は裂開するそうです。






【宝交早生】

放っておいても育つようです。

寒冷地の露地栽培に向くんだとか。

1960年に発表されたイチゴです。

甘みが強く、果実が柔らかいという特徴があります。

「宝交」と命名されたのは宝塚で生まれたためとのことです。

「八雲(幸玉)」と「タホー」を交配したんだそうです。





【グルコサミン】

カニやエビなどのキチン質の主要成分として多量に存在する成分だそうです。

栄養補給サプリメントや健康食品として販売されています。

テレビCMなどでときどき耳にするので、覚えている人も多いことでしょう。

コンドロイチンといっしょになっていることも多いみたいです。





続きを読む
ラベル:果実
posted by あっちゃん at 03:57| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

シロウリ→咲姫→続く雑談

【シロウリ】

主に漬物として食されるウリの仲間です。

皮の色が白っぽく熟すことからこの名前になっています。

全国的にみると徳島県の生産が圧倒的に多く、その次は千葉県です。

実は薄緑から白っぽい果肉で、淡白な味です。

アサウリ、ツケウリ、カタウリ、モミウリとも呼ばれます。





【咲姫】

咲姫 (サキヒメ)は、「やよいひめ」と「さがほのか」から作られたそうです。

佐賀県の農家で作られたんだとか。

香りがよく糖度も高いことで注目されました。

見た目はなんだか細長い感じのもあるみたいです。

栽培数が少なくなかなかレアな存在のイチゴのようです。






【クロレラ】

淡水性単細胞緑藻類の総称です。

しかし、多くの人にとっては健康食品というイメージが強いと思います。

空前のブームを引き起こしたクロレラですが、沈静化したのには理由があります。

実は、問題にもなっていて、2015年には景品表示法に基いた裁判にも発展したのでした。




続きを読む
ラベル:ウリ
posted by あっちゃん at 04:05| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

ツノニガウリ→ダイアモンドベリー→続く雑談

【ツノニガウリ】

植物的にはウリ科キュウリ属のつる植物なんだそうです。

果実は楕円球体で、表面全体に突起があります。

アフリカ産の果実ということで、なかなか目にする機会がない人も多いでしょう。

味は甘みはなく、かすかに酸味があるそうで、食用のほか、観賞用としても用いられるそうです。






【ダイアモンドベリー】

「さがほのか」と「久留米54号」からうまれた、福岡生まれのイチゴです。

実は大きめで促成栽培向きみたいです。

特徴としては、果肉はしっかりしているようです。

ダイヤモンドベリーという名前は大胆ですね。

宝石の王様的なダイヤモンドを関するダイヤモンドですからね。






【クルクミン】

天然の食用色素として知られる食品添加物です。

ターメリック(ウコン)などに含まれます。

鮮やかな黄色が特徴です。

漬物、水産ねり製品、栗のシロップ漬、和菓子などで用いられるようです。

ドリンク剤や健康食品でも目にしますが、その効果についてはまだ知られていないところも多いようです。



続きを読む
ラベル:野菜
posted by あっちゃん at 03:58| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

佐久古太きゅうり→千葉S4号→続く雑談

【佐久古太きゅうり】

長野県佐久市志賀地区・春日地区でもともと栽培されていたキュウリなんだそうです。

「さくこた」ではなく「さくこだい」と読みます。

少なくとも昭和20年代からの栽培とのことで、信州の伝統野菜になっています。

シベリア系の品種で、みずみずしく歯ごたえもよく生食にも適しています。






【千葉S4号】

「チーバベリー」という愛称がある千葉生まれのイチゴです。

この愛称は公募によって決めたんだそうです。

「みつる」「章姫」「栃の峰」「とちおとめ」などが交配に関係したみたいです。

大粒で果汁が多いという特徴があります。

栽培面ではうどんこ病に強いという特徴があります。






【クランベリー】

ツルコケモモ、ヒメツルコケモモ、オオミノツルコケモモ、アクシバなどがあります。

果実は非常に酸味が強く、生食には向かないです。

水中で木を揺すると果実が外れて水面に浮かび、大型機械で掬い取って収穫するんだとか。

菓子やジャム、ペミカン、クランベリージュースの原料に使われます。




続きを読む
ラベル:きゅうり
posted by あっちゃん at 03:58| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

大和三尺きゅうり→桜桃壱号→続く雑談

【大和三尺きゅうり】

ずっと育てると長くなることからこの名前が付いたようです。

奈良県農林部によると、明治後期に県内で交配育種された品種なんだとか。

奈良県により「大和野菜」に認定されています。

コリッとしっかりした歯切れがあることから、漬物に使われるそうです。

苦味もなくおいしいキュウリのようです。





【桜桃壱号】

「アマテラス」と「紅ほっぺ」の交配種なんだそうです。

果実の大きさがものすごく大きく、ネット通販などで人気のイチゴなんだそうです。

ネットで調べると名称の変更などの資料も出てきたりするのでした。

ちなみに壱号はイチゴと語呂が似ていますね。

狙った効果でしょうね。





【クエン酸】

疲労回復ということでもてはやされ、一気に有名になったイメージがあります。

もともとは柑橘系などに含まれている有機化合物のことです。

梅干しにもたっぷり含まれているそうです。

いろんなサプリメントにも含まれてますし、食品添加物としていろんな食品に入っているのでした。



続きを読む
ラベル:きゅうり
posted by あっちゃん at 04:02| 健康にちなんだ雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする